ライブ'12!

  • 8/5(日)ヒノキギター発表会inグランビル滝原
    このたび三重県の間伐材で作られたヒノキギターの完成発表会に、デモ演奏します。ヒノキギター、ヒノキカホンの展示や、試演奏もできますよ。製作者さんのお話もきけます。クラフトにご興味がある方もぜひ!13:00スタートです。
  • 7/7(土)公開録音ライブinグランビル滝原
    無事終了
  • 7/29(日)うきさと夏祭り18:30~19:00
    ニッケルハルパ奏者のトリタニタツシさんとのユニットです。
  • 7/21「福島松阪サマーキャンプin波瀬」チャリティーライブ
    会場:飯南産業文化センター(三重県松阪市) 夜です。詳細はまた後日。
  • 5/19 松阪にぎわいまつり
    無事終了
  • 4/30 中部台公園 9:30~(早!)
    無事終了
  • 3/10 ラモシオン移転OPEN 
    無事終了
  • 1/22 マクサcurrents/イケヤマアツシ/桜木レオン
    無事終了
  • 1/12 タテにイケ!第2幕 玉城町ガーデンカフェボヌール
    無事終了!
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

他のアカウント

Facebook Twitter

« 燃え上がれ!燃え上がれ! | トップページ | 9/21(月)は伊勢宇治の「茶房太助庵」でライブ! »

 どういう人がギターが上手いのか

いやあ、また一ヶ月も放置で。。。。_ノフ○ グッタリ

ちょっと今年の夏はライブをお休みして、のんびり、ってこともなく、何かとばたばたばたばた。。。。

ライブは今のところ企画段階がいくつかある感じで、近いうちにお知らせできるかと(/ ^^)/

では、たまにはギターの技術的なことをちと。

基本的にイケヤマはあまり、技術的なことはわからない、っていうのが現実で(笑)、さらに、音楽理論になると、まったくだめ( Д) ゚ ゚

でも、聴いていて「この人ギターうまいなあ」とかっていうことはあって、それってなんだろう、とすこし考えてみました。

たとえば。

ピックを持って、コードを弾いてみるとします。いわゆる「ストローク」ってヤツですね。

おそらく、ギターを弾ける大部分の人の音は、そのギターの最大音量ではありません。ギターはもっと鳴ると思います。これは、レーシング・ドライバーが車の実力を搾り出すのと似ていて、「うまいなあ」って思う人は、すごい大きな音を出せると思います。(ただ、それが音楽的に「よい」かは別として。)

それは、腕力じゃないんですね。ただの力ではないと思います。それは、ピックの動く「スピード」と「ふり幅」にも関係するように思いますけど、よくわかりません(笑)

それから、たとえば、一番小さい音と一番大きい音の間にどれだけの段階があるか、ということもいえると思います。たとえば、エアコンの風量が「強」と「弱」しかないのと、「1~8段階」に調整できるの。どちらが、痒いところに手が届きますか、みたいな(笑)

ちょっと、デジタルの「~ビット」に似てますね。

それだけの強弱の段階があれば、当然表現力が豊かに決まってますよね、ってことで。さらに究極には「アナログ」の無段階ってのが一番いいですよね。

なにやら、この文章、とっちらかってる感じがするわけですが(笑)

あと、音符の位置っていう部分。音楽的には通常、1小節を8で割ったり、16で割ったりして、音符の長さと場所が決まっていて、それによって、数学的に楽譜は成り立っているわけです。だから、PCで音楽を作るときにも作りやすいわけです。

しかし、実は時間の流れというのは、アナログのように、連続的に時間が流れていて、16分の1と16分の1の間には、16分の1.5とかっていう端数も無限に存在します。

それを、どう扱うか、っていうのが、なんとなくうまくなるヒントのような気がしてるんですけど、何が何かわかりまへんな~ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

たまにギター初心者の方に、教えてよとか、何かアドバイスをしてよ、って言われるんですけど、イケヤマがギターの技術を語ると、こういうよく分からない表現しかできなくて。。。。

でも、ワンポイントなら、一番でかい音を出してみる工夫をしてください、って感じですかね。一番でかい音がでかくなれば、それはすなわち、自分の出せる音の量が増えているってことだから、あとはそれをどれだけに割るか、ですね。

あとは、色んな音楽を聴くことですかね。。。。

いやあ、なんだか、しまりのない記事で。。。スンマセン(*´v゚*)ゞ

« 燃え上がれ!燃え上がれ! | トップページ | 9/21(月)は伊勢宇治の「茶房太助庵」でライブ! »

Others」カテゴリの記事

コメント

♪ピックの動く「スピード」と「ふり幅」
♪16分の1.5
めっちゃわかります。
歌うたいの私語に変換すると、
♪声の「アタック」とその幅、
♪タイム感の計算式で出てこない絶妙なタイミング
になるのでしょうか。
わかりすぎて、つい「うん、うん」と頷いてしまいました(笑)

RIKIさん
いつもどうも(^_-)-☆
わかっていただけましたかあ、よかった~
結局、割り算では無理なんですね、きっと。
割り切れないし。。。(笑)
アタックというのは、本当に難しいですね。
音色って言うのは実はアタックが
大部分を占めている、
って聞いたことがあります。
サスティンの部分については、
あまり区別がつかないというか。

今は、自分では、簡単に音符を置きにいかず、
「その音が必要だから、そこに、
その強さで、その高さで、その長さで、ある」
という意識を持つように心がけています。
また、わけわかんないですね(^^ゞ

休憩中に会社からだとつながるんです。

デジタルでない。アナログ。1と2の間は無限のつながり、ですよね。

音楽を感じると音の雰囲気がでる。
それをビートに乗せて、ひっぱったり、ゆるめたり、おおきくや小さくで、抑揚ですね。ダイナミックだけでなく、ダイナミクス(小さい~大きい)

イケヤマさんのギターは音楽です。

歌合戦のギターもバッキングの音楽を聞かせてくれると思います。
(・∀・)イイ!

お、バンマス、お世話になってます(^_-)-☆
音楽は科学じゃなく、芸術ですもんね。
DVDありがとうございます。
何回か見直して、自分のパート考えています。
バンド、ほんまに勉強になります。
いい機会をいただいて、ありがとうございます。
そうそう、近日中に、ここでも告知をしないと。

私は音楽の技術的なことはわかりませんが(^^ゞ

イケヤマさんのギターを聴くまでは正直、インスト系は興味無かったんですよね。笑

でも、イケヤマさんのギターを初めて聴いた時、お?ギターってこんな優しい音がするんだ!と思ったのです。

なんせ、ギャンギャンうるさいロック系ばっか聴いてきましたから。笑

で、私に新たな世界を見せてくれたイケヤマさんは、上手い。。。のだと思います(^^)v (お世辞じゃないよー)

もちろん技術が高いほうが、表現力も広がるし、いいに違いないのでしょうが。。。技術が全てではないですからね。。。やはり、音楽は。。。ソウル。魂ですよ。

きっと、それを感じたのだと思います。。。

長々、申し訳ないです(^^ゞ

ユキさん
うれしいなあ。。。。そんな言ってもらうと。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
ライブ決まりましたよ。
すぐに告知しますね。
場所は伊勢市宇治です。
21日(月)午後です。
詳細はもうちょっとしてから(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501213/46147996

この記事へのトラックバック一覧です:  どういう人がギターが上手いのか:

« 燃え上がれ!燃え上がれ! | トップページ | 9/21(月)は伊勢宇治の「茶房太助庵」でライブ! »

フォト

ポッドキャスト

  • これをドラッグ&ドロップしてください!