ライブ'12!

  • 8/5(日)ヒノキギター発表会inグランビル滝原
    このたび三重県の間伐材で作られたヒノキギターの完成発表会に、デモ演奏します。ヒノキギター、ヒノキカホンの展示や、試演奏もできますよ。製作者さんのお話もきけます。クラフトにご興味がある方もぜひ!13:00スタートです。
  • 7/7(土)公開録音ライブinグランビル滝原
    無事終了
  • 7/29(日)うきさと夏祭り18:30~19:00
    ニッケルハルパ奏者のトリタニタツシさんとのユニットです。
  • 7/21「福島松阪サマーキャンプin波瀬」チャリティーライブ
    会場:飯南産業文化センター(三重県松阪市) 夜です。詳細はまた後日。
  • 5/19 松阪にぎわいまつり
    無事終了
  • 4/30 中部台公園 9:30~(早!)
    無事終了
  • 3/10 ラモシオン移転OPEN 
    無事終了
  • 1/22 マクサcurrents/イケヤマアツシ/桜木レオン
    無事終了
  • 1/12 タテにイケ!第2幕 玉城町ガーデンカフェボヌール
    無事終了!
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

他のアカウント

Facebook Twitter

« ライブ告知! | トップページ | 7/12 ドミンゴさん ライブ! »

ギターの材質

さて、前回この記事ではギターのボディサイズについて書いたので、次には材質について書きましょう。基本はもちろん木ですね。最近ではカーボンコンポジットとか、グラスファイバーなんてのもアコースティックギターの材質としてありますけど。。。^m^

ギターのパーツを4つに分けて考えます。通常、ボディの表、ボディの裏・側面、ネック、指板の4つです。選択肢が少ない部分から見ていきますね。

まず指板。これは、ほとんどがローズ・ウッドか黒檀(エボニー)でしょう。もちろん、安いギターでそれ以外の板に着色してあるものもあるでしょうが、ある程度のレベルになると、ローズ・ウッドかエボニーです。通常指板はソリッド(一枚板)ですね。指板の寄木とかっていうのは見たことがありません。エボニーはピアノの黒鍵の素材として有名ですね。もちろんお仏壇も^m^

次にネック。たまにそれ以外のものもありますが、ほとんどの場合ネックはマホガニーが多いですね。他の材ではメイプルのものもありますね。ネックについては、ソリッドのもの、ソリッドの接着してあるもの、寄木のものがありますね。ネックの工法については面白いので、少し書いてみましょう。

ヘッドには必ず角度がついています。これは、弦にテンションをかけるためですが、その角度の作り方についてです。太いネックブランクからすべてを削りだすのが一つの方法。もう一つは「への字接合」という奴です。斜めに切り落としたものをひっくり返して接合するものです。もともとソリッドなので、切ってつなげてももちろんソリッドウッドには変わりありませんね^m^

もう一つは寄木ですが、これは材質の違う木、たとえばメイプルマホガニーでサンドイッチする方法です。これは、強度面で効果があります。ビジュアルにも真ん中にストライプが入って、結構グーですね。

まだボディに入らないうちに長くなってしまいました。今日はこのへんで。続きはまた書きますね(^_-)-☆

« ライブ告知! | トップページ | 7/12 ドミンゴさん ライブ! »

select your guitar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501213/41707432

この記事へのトラックバック一覧です: ギターの材質:

« ライブ告知! | トップページ | 7/12 ドミンゴさん ライブ! »

フォト

ポッドキャスト

  • これをドラッグ&ドロップしてください!